敏感肌なら日焼け止めは「紫外線吸収剤」不使用を選ぶべき

2020年夏におすすめの日焼け止めクリーム特集!

キャメロン&ガブリエル ヘヴンヴェールキャメロン&ガブリエル ヘヴンヴェール
エトヴォス ミネラルUVセラムエトヴォス ミネラルUVセラム
アクセーヌ マイルドサンシールドアクセーヌ マイルドサンシールド
POLA ホワイティシモ UVブロック ミルキーフルイドPOLA ホワイティシモ UVブロック ミルキーフルイド
ラロッシュポゼ UVイデア XLラロッシュポゼ UVイデア XL
口コミ満足度
◎
◯
◯
◯
◯
日焼け止め力
◎SPF45
PA++++
◯SPF35
PA+++
△SPF28
PA++
◯SPF30
PA+++
◎SPF50
PA++++
価格(税込)/内容量
(10gあたりの価格)
◎3,520円/30g
(1173円/10g)
◎3,520円/30g
(1173円/10g)
◯3,300円/22g
(1500円/10g)
△3,850円/50g
(2310円/10g)
◯3,740円/30mL
(1247円/10g)
ウォータープルーフ
◎あり
◎あり
◎あり
△なし
◯あり※ウォーターレジスタント
落としやすさ
◎洗顔料可
◎石鹸で落とせる
△専用のメイク落としが必要
◯通常の洗顔料で落とせる
◎石鹸で落とせる
つけ心地
◎
◯
◎
◯
◯
白浮きしにくさ
◎
△
◯
◯
◯
肌への優しさ
※無添加成分
◎紫外線吸収剤・散乱剤、界面活性剤、ナノ粒子散乱剤、シリコン、合成着色料、タルク、エタノール、パラベン、鉱物油、合成香料 不使用
◎紫外線吸収剤、石油系合成界面活性剤、ナノ粒子、シリコン、合成着色料、タルク、鉱物油、香料 不使用
◯紫外線吸収剤、香料、アルコール 不使用
◯紫外線吸収剤不使用※下記成分使用
合成界面活性剤、エタノール、パラベン
△香料、パラベン不使用※下記成分使用
紫外線吸収剤、エタノール

日焼け止めは「紫外線吸収剤」不使用を選ぶべき

日焼け止めに配合される紫外線吸収剤は、肌への負担が大きく敏感肌の方は避けるべきだと考えられています。ここではその理由と、紫外線散乱剤との違い、肌負担の少ない高性能な日焼け止めについてまとめています。

紫外線吸収剤とは?散乱剤との違い

紫外線吸収剤とは?散乱剤との違い

日焼け止めには、大きく「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の2タイプがあります。

紫外線吸収剤は、紫外線を吸収して熱に変換し放出してくれます。この吸収剤はSPF・PA(=紫外線防御力)が高い日焼け止めを作りやすく、また使用感に優れているので多くの日焼け止めに使われています。

しかし、紫外線を熱に変換する際に肌細胞を酸化させてしまうため、敏感肌の方は注意が必要です。またこの紫外線吸収剤は化学的に合成されているので、アレルギーの原因にもなりかねないません。
そのため敏感肌の方や肌を気遣う方の間では紫外線吸収剤をできるだけ避けよう、という考えが広まりつつあります。

一方、紫外線散乱剤は、紫外線を反射させるため肌への負担はほとんどありません。また吸収剤に比べて持続力が高い傾向にありますが、肝心の紫外線をカットする力が弱く、SPF・PAを高くしようとたくさん配合すると白浮きしやすくなってしまいます。

どちらかといえば、敏感肌の方には紫外線散乱剤をおすすめしますが、肌負担が少なくて使用感が良く、白浮きせずに高SPF・PAな日焼け止めはないのでしょうか?

・・・じつはあります。それが三相乳化によってつくられた日焼け止めです。

三相乳化とは

三相乳化とは

三相乳化とは、神奈川大学が特許を取得した製法で、界面活性剤を一切使わずに乳化できる、革命的な最先端乳化技術です。

乳化とは、本来なら混ざらない油分と水分を混ぜる働きです。今までの常識では乳化するためには界面活性剤が必要でしたが、三相乳化によってそれがいらなくなったのです。

日焼け止めにおいて「避けるべき添加物」でも説明したとおり、界面活性剤は肌環境を悪化させる可能性がありますし、皮脂や汗で再乳化すると崩れやすく塗り直しが必要になります。

一方、三相乳化は界面活性剤と比べて油分と水分が分離しにくいため油分・水分・紫外線散乱剤を安定して配合でき、「白浮しない、伸びが良い、崩れない、乾燥しない」といった良好な使用感を実現しやすいんです。

この三相乳化はまだ新しい技術で、製造・販売できる会社は限られているため、日焼け止め市場にはまだ数個しか確認できていません。そのうちのひとつが当サイトでもオススメする「ヘヴンヴェール」になります。

まとめ

紫外線吸収剤も研究が進み、コーティングをすることで肌への負担を抑える技術など進化しています。たとえば、ラロッシュポゼの日焼け止めは紫外線吸収剤を使用していますが、独自にコーティングをして肌に直接触れないようにしています。

そのため、一概に「紫外線吸収剤=悪」ともいえなくなってきましたが、敏感肌の方にとってはまだまだ不安な成分であることは間違いないでしょう。

選択肢の視野を広げるという意味でも、三相乳化でつくられた日焼け止めのヘヴンヴェールもチェックしてみてくださいね。