その「添加物」が肌環境を悪化させるかも!?避けるべき添加物まとめ

2020年夏におすすめの日焼け止めクリーム特集!

キャメロン&ガブリエル ヘヴンヴェールキャメロン&ガブリエル ヘヴンヴェール
エトヴォス ミネラルUVセラムエトヴォス ミネラルUVセラム
アクセーヌ マイルドサンシールドアクセーヌ マイルドサンシールド
POLA ホワイティシモ UVブロック ミルキーフルイドPOLA ホワイティシモ UVブロック ミルキーフルイド
ラロッシュポゼ UVイデア XLラロッシュポゼ UVイデア XL
口コミ満足度
◎
◯
◯
◯
◯
日焼け止め力
◎SPF45
PA++++
◯SPF35
PA+++
△SPF28
PA++
◯SPF30
PA+++
◎SPF50
PA++++
価格(税込)/内容量
(10gあたりの価格)
◎3,520円/30g
(1173円/10g)
◎3,520円/30g
(1173円/10g)
◯3,300円/22g
(1500円/10g)
△3,850円/50g
(2310円/10g)
◯3,740円/30mL
(1247円/10g)
ウォータープルーフ
◎あり
◎あり
◎あり
△なし
◯あり※ウォーターレジスタント
落としやすさ
◎洗顔料可
◎石鹸で落とせる
△専用のメイク落としが必要
◯通常の洗顔料で落とせる
◎石鹸で落とせる
つけ心地
◎
◯
◎
◯
◯
白浮きしにくさ
◎
△
◯
◯
◯
肌への優しさ
※無添加成分
◎紫外線吸収剤・散乱剤、界面活性剤、ナノ粒子散乱剤、シリコン、合成着色料、タルク、エタノール、パラベン、鉱物油、合成香料 不使用
◎紫外線吸収剤、石油系合成界面活性剤、ナノ粒子、シリコン、合成着色料、タルク、鉱物油、香料 不使用
◯紫外線吸収剤、香料、アルコール 不使用
◯紫外線吸収剤不使用※下記成分使用
合成界面活性剤、エタノール、パラベン
△香料、パラベン不使用※下記成分使用
紫外線吸収剤、エタノール

その「添加物」が肌環境を悪化させるかも!?避けるべき添加物まとめ

日焼け止めや化粧品には使い心地や利便性のために「添加物」が配合されていることがあります。とくに敏感肌の方はこの添加物が原因で肌トラブルが起こることがあります。また、今は異常が無くても、使い続けることで敏感肌になってしまうことも。

ここでは避けるべき添加物についてまとめてみたので、日焼け止めや化粧品を選ぶ際に参考にしてください。

界面活性剤

界面活性剤

界面活性剤は、簡単に言えば水と油を混ぜる「乳化」のために必要なものです。「諸悪の根源」的な扱いを受けがちな界面活性剤は、正しく使われていれば肌に悪影響を及ぼすことはありません。
しかし、不適切に配合された界面活性剤は肌のバリア機能をに障害を与える可能性があります。それを見極めるのは素人には難しいので、できるだけ避けたいよね、という話です。

また、通常の界面活性剤による乳化では、使用する環境によっては乳化状態が崩れやすく、それが白浮きしたり化粧崩れモロモロ乾燥の原因にもなってしまうんです。

ナノ粒子散乱剤

日焼け止めにはおおきくわけて紫外線吸収剤紫外線散乱剤のものがあります。

簡単に言えば、

  • 紫外線吸収剤は防御力は高いけど肌にも負担が大きい
  • 紫外線散乱剤は防御力は劣るけど肌への負担は少ない

となりますが、紫外線散乱剤にはナノ化したナノ粒子散乱剤というものがあります。ナノ化することで使用感を高めることができる一方、肌に触れる表面積が増えてしまうので肌への負担が増えるのでは?という考えもあります。

ナノ粒子散乱剤については諸説ありますが、いまだ研究中のため安全と言い切るには心細く、積極的に選ぶ必要は無いものだと思います。

シリコン

シリコンはそれ自体は伸びをよくしたり崩れにくくしたり、紫外線散乱剤をコーティングして肌負担を抑えるなど便利な成分です。しかし毛穴に密着しやすいという特性があり、オフする時に強いクレンジングが必要になり、肌に大きな負担を強いることが考えられます。

パラベン(防腐剤)

防腐剤・保存料として使われるパラベンは、以前からアレルギーの原因になる可能性が指摘されてきました。実はさらに最近の研究によって紫外線にさらされると肌へのダメージを増やす作用があることがわかったのです。
紫外線から肌を守るために日焼け止めを塗るのに、パラベンが含まれていると肌にダメージを与える可能性があるのです。

安全性が確認された化粧品に使われるならまだしも、日焼け止めには極力配合して欲しくない成分といえるでしょう。

まとめ

まとめ

口から摂り入れた悪い成分は、便や汗、代謝として9割ほどは排出できるそうですが、肌に塗って取り込まれた悪い成分は逆におよそ9割が体内に蓄積される、といいます。

しばらく使って問題が無くても、数ヶ月、数年という長い期間で見ると肌を劣化させる原因にもなりかねません。

しっかりと成分の安全性を見極めて、納得できる日焼け止めを選びましょう。

check!! 紫外線吸収剤に関しては特別ページを設けて説明しているのでそちらを参考にしてください。
敏感肌なら日焼け止めは「紫外線吸収剤」不使用を選ぶべき