日焼け止めを塗って肌が乾燥するのはなぜ?

2020年夏におすすめの日焼け止めクリーム特集!

キャメロン&ガブリエル ヘヴンヴェールキャメロン&ガブリエル ヘヴンヴェール
エトヴォス ミネラルUVセラムエトヴォス ミネラルUVセラム
アクセーヌ マイルドサンシールドアクセーヌ マイルドサンシールド
POLA ホワイティシモ UVブロック ミルキーフルイドPOLA ホワイティシモ UVブロック ミルキーフルイド
ラロッシュポゼ UVイデア XLラロッシュポゼ UVイデア XL
口コミ満足度
◎
◯
◯
◯
◯
日焼け止め力
◎SPF45
PA++++
◯SPF35
PA+++
△SPF28
PA++
◯SPF30
PA+++
◎SPF50
PA++++
価格(税込)/内容量
(10gあたりの価格)
◎3,520円/30g
(1173円/10g)
◎3,520円/30g
(1173円/10g)
◯3,300円/22g
(1500円/10g)
△3,850円/50g
(2310円/10g)
◯3,740円/30mL
(1247円/10g)
ウォータープルーフ
◎あり
◎あり
◎あり
△なし
◯あり※ウォーターレジスタント
落としやすさ
◎洗顔料可
◎石鹸で落とせる
△専用のメイク落としが必要
◯通常の洗顔料で落とせる
◎石鹸で落とせる
つけ心地
◎
◯
◎
◯
◯
白浮きしにくさ
◎
△
◯
◯
◯
肌への優しさ
※無添加成分
◎紫外線吸収剤・散乱剤、界面活性剤、ナノ粒子散乱剤、シリコン、合成着色料、タルク、エタノール、パラベン、鉱物油、合成香料 不使用
◎紫外線吸収剤、石油系合成界面活性剤、ナノ粒子、シリコン、合成着色料、タルク、鉱物油、香料 不使用
◯紫外線吸収剤、香料、アルコール 不使用
◯紫外線吸収剤不使用※下記成分使用
合成界面活性剤、エタノール、パラベン
△香料、パラベン不使用※下記成分使用
紫外線吸収剤、エタノール

日焼け止めを塗って肌が乾燥するのはなぜ?

日焼け止めを使って「肌がカサカサする」「夜オフした時につっぱる」「肌に粉がふいてる」という場合、肌が乾燥していることが考えられます。でもなぜ日焼け止めで肌が乾燥するのでしょうか?ここではその理由と、肌が乾燥しない日焼け止めの選び方を説明します。

乾燥の原因となる日焼け止めの成分とは

乾燥の原因となる日焼け止めの成分とは

日焼け止めには、紫外線を防ぐために「紫外線吸収剤」か「紫外線散乱剤」が使われています。(もしくはその両方) このうち乾燥を引き起こしやすいのは紫外線吸収剤になります。

紫外線吸収剤は、紫外線を吸収して化学反応によって熱などに変換して放出する働きがあります。しかし、この化学反応の際に肌細胞を酸化させてしまうのです。
肌細胞が酸化すると肌本来が持つバリア機能が乱れ、肌内部の水分が蒸発しやすい環境になります。これが乾燥の原因となります。

SPF・PAが高いとクレンジングも強いものが必要

SPFやPAが高いと紫外線を防ぐ力が強くなりますが、その分だけ落とす時に強いクレンジングが必要になります。このクレンジングも肌を乾燥させる原因になるのです。

本来肌の水分が蒸発しないように皮脂がフタをして蒸発を防いでいるのですが、強いクレンジングはその必要な皮脂まで落としてしまい、肌の水分を蒸発させてしまいます。それによって肌乾燥が促進されてしまうのです。
クレンジング後は必ず化粧水や美容液で潤いを与えて、乳液や保湿クリームなどでフタをしてあげましょう。

もともと肌が乾燥している可能性も

日焼け止めを塗ってから肌が乾燥したと感じても、実はもとから乾燥していた可能性があります。乾燥の症状が出るギリギリ手前で、日焼け止めを使い始めたことで症状が出てしまった、という場合です。

そういう場合には日焼け止めを変えたところで原因を改善しない限り乾燥が治ることはありません。
肌を乾燥させる生活習慣は、それだけで本が書けちゃうぐらいなので一言でいうのは難しいのですが、例えば

  • 偏った食習慣
  • 喫煙習慣
  • 睡眠不足
  • 運動不足

などは乾燥の大きな要因と考えられます。心当たりのある方は少しずつでもいいので生活を見直してみてくださいね。

日焼け止めの性能だけでなく「保湿力」も確認

日焼け止めの性能だけでなく「保湿力」も確認

日焼け止めを選ぶ際、性能を比較しやすいという点で「SPF・PA」だけで選んでしまいがちですが、肌の乾燥を防ぐためにも「保湿成分」にも気を配ってください。

どれがいいのかわからなければ、乾燥肌用の化粧水や美容液に配合されている成分を参考にしてみてください。
たとえば、セラミドやコラーゲン、エラスチン。肌にもともと含まれ、潤いや弾力を担う成分ですが、加齢とともに減少していくことで乾燥肌の原因になってしまいます。

またビタミンや天然植物由来のオイルも肌環境を整えて保湿しやすく導いてくれます。
日焼け止めを選ぶ際には、性能だけでなく「保湿力」も考慮して比較検討してくださいね。

高SPF・PAで乾燥しにくい日焼け止めなんてあるの?

今までの日焼け止めの常識では、「日焼け止めの性能が高くなるほど肌への負担も増えて乾燥しやすくなる」というのが定説でした。

しかし、技術の進化によって「肌負担を抑えたまま高SPF・PAを実現」した日焼け止めがでてきました。それがヘヴンヴェールです。

ヘヴンヴェールは、「三相乳化」という神奈川大学の特許技術によって、肌負担の原因になる界面活性剤を使っていない画期的な日焼け止めなんです。

まだ新しい技術なので、この技術を使った日焼け止めは他にはほとんどありません。日焼け止めを使って乾燥や刺激を感じる方は、ぜひ試してみてくださいね。