日焼け止めの正しい塗り方。効果を高める順番とは?

2020年夏におすすめの日焼け止めクリーム特集!

キャメロン&ガブリエル ヘヴンヴェールキャメロン&ガブリエル ヘヴンヴェール
エトヴォス ミネラルUVセラムエトヴォス ミネラルUVセラム
アクセーヌ マイルドサンシールドアクセーヌ マイルドサンシールド
POLA ホワイティシモ UVブロック ミルキーフルイドPOLA ホワイティシモ UVブロック ミルキーフルイド
ラロッシュポゼ UVイデア XLラロッシュポゼ UVイデア XL
口コミ満足度
◎
◯
◯
◯
◯
日焼け止め力
◎SPF45
PA++++
◯SPF35
PA+++
△SPF28
PA++
◯SPF30
PA+++
◎SPF50
PA++++
価格(税込)/内容量
(10gあたりの価格)
◎3,520円/30g
(1173円/10g)
◎3,520円/30g
(1173円/10g)
◯3,300円/22g
(1500円/10g)
△3,850円/50g
(2310円/10g)
◯3,740円/30mL
(1247円/10g)
ウォータープルーフ
◎あり
◎あり
◎あり
△なし
◯あり※ウォーターレジスタント
落としやすさ
◎洗顔料可
◎石鹸で落とせる
△専用のメイク落としが必要
◯通常の洗顔料で落とせる
◎石鹸で落とせる
つけ心地
◎
◯
◎
◯
◯
白浮きしにくさ
◎
△
◯
◯
◯
肌への優しさ
※無添加成分
◎紫外線吸収剤・散乱剤、界面活性剤、ナノ粒子散乱剤、シリコン、合成着色料、タルク、エタノール、パラベン、鉱物油、合成香料 不使用
◎紫外線吸収剤、石油系合成界面活性剤、ナノ粒子、シリコン、合成着色料、タルク、鉱物油、香料 不使用
◯紫外線吸収剤、香料、アルコール 不使用
◯紫外線吸収剤不使用※下記成分使用
合成界面活性剤、エタノール、パラベン
△香料、パラベン不使用※下記成分使用
紫外線吸収剤、エタノール

日焼け止めの正しい塗り方。効果を高めるには?

このサイトをご覧いただいている方なら、日焼け止めの重要性については理解できていると思います。しかし、日焼け止めを"正しく"使えている方はそう多くありません。ここでは、日焼け止めの効果を最大限に引き出すために正しい塗り方と注意点を説明します。

正しい順番と塗り方

正しい順番と塗り方

日焼け止めを塗る順番は、

  • 化粧水などのスキンケア
  • 日焼け止め
  • 化粧下地、ファンデーション~

になります。

化粧水などでしっかり保湿してあげることで日焼け止めによる乾燥を最小限に抑えられます。また、化粧下地のあとに日焼け止めを塗ってしまうと、せっかくの日焼け止め効果が十分に発揮できなくなってしまいます。

最近では化粧下地の機能を持った日焼け止めもありますので、そういったものを選んでもいいでしょう。肌に触れる回数が減れば、それだけ肌への負担が減りますし、日焼け止めと下地の相性を考える必要もなくなります。

逆に日焼け止めの機能を持った化粧下地は、紫外線防御力が低いことが多いので、SPF・PA(※)を確認したうえで自分の生活環境に耐えうる日焼け止め力があるかを確認してください。

塗り方としては、以下の4点を意識しましょう。

  • 薄く伸ばしすぎない(使う量をケチらない)
  • 顔の出っ張る部分は厚めに塗る(おでこ、頬、鼻、あごなど)
  • ケアし忘れやすい「耳、首、胸、手(サンダル履くなら足の甲も)」などの露出する部位もしっかり塗る
  • 規定値量を2~3度に分けて隅々まで塗り重ねる

以上の点に気を遣うことで日焼け止め効果を高められます。

※日焼け止めに記載されているSPF・PAは紫外線を防ぐ力を表しています。以下で説明しているので日焼け止め選びの参考にしてください。

【参考】「SPF」「PA」を知らずに日焼け止めを選んじゃダメ!

なによりもまず「推奨量」は必ず守る!

なによりもまず「推奨量」は必ず守る!

口コミでもよく見かけるのが、1本で○ヶ月もったのでコスパが良い、というもの。それは「塗る面積が少ない=顔が小さい」ことをアピールしたいのかもしれませんが、量をケチると日焼け止めの効果を十分に発揮できなくなります。

ものによって異なる場合がありますが、たいていは真珠1粒大ほどが基準となっています。顔が大きいと自覚のある方は500円玉ほどの量を使用するのがいいでしょう。

日本皮膚科学会によると、規定量は1平方cmあたり2mgで、使用量が1/3減ると効果は半分程度に落ちる、とあります。

参考:サンスクリーン剤の使い方-日本皮膚科学会

必ず日焼け止めの使用方法を見て推奨使用量を守りましょう。