光老化とは?日焼け対策をしないとこんなに老ける!

2020年夏におすすめの日焼け止めクリーム特集!

キャメロン&ガブリエル ヘヴンヴェールキャメロン&ガブリエル ヘヴンヴェール
エトヴォス ミネラルUVセラムエトヴォス ミネラルUVセラム
アクセーヌ マイルドサンシールドアクセーヌ マイルドサンシールド
POLA ホワイティシモ UVブロック ミルキーフルイドPOLA ホワイティシモ UVブロック ミルキーフルイド
ラロッシュポゼ UVイデア XLラロッシュポゼ UVイデア XL
口コミ満足度
◎
◯
◯
◯
◯
日焼け止め力
◎SPF45
PA++++
◯SPF35
PA+++
△SPF28
PA++
◯SPF30
PA+++
◎SPF50
PA++++
価格(税込)/内容量
(10gあたりの価格)
◎3,520円/30g
(1173円/10g)
◎3,520円/30g
(1173円/10g)
◯3,300円/22g
(1500円/10g)
△3,850円/50g
(2310円/10g)
◯3,740円/30mL
(1247円/10g)
ウォータープルーフ
◎あり
◎あり
◎あり
△なし
◯あり※ウォーターレジスタント
落としやすさ
◎洗顔料可
◎石鹸で落とせる
△専用のメイク落としが必要
◯通常の洗顔料で落とせる
◎石鹸で落とせる
つけ心地
◎
◯
◎
◯
◯
白浮きしにくさ
◎
△
◯
◯
◯
肌への優しさ
※無添加成分
◎紫外線吸収剤・散乱剤、界面活性剤、ナノ粒子散乱剤、シリコン、合成着色料、タルク、エタノール、パラベン、鉱物油、合成香料 不使用
◎紫外線吸収剤、石油系合成界面活性剤、ナノ粒子、シリコン、合成着色料、タルク、鉱物油、香料 不使用
◯紫外線吸収剤、香料、アルコール 不使用
◯紫外線吸収剤不使用※下記成分使用
合成界面活性剤、エタノール、パラベン
△香料、パラベン不使用※下記成分使用
紫外線吸収剤、エタノール

光老化とは?日焼け対策をしないとこんなに老ける!

徐々に認知度が高まってきた「光老化」ですが、ご存知でしょうか?
光老化啓発プロジェクト委員会が2017年4月に行なった調査では、16~60代の女性で「光老化」について意味まで知っている女性はたったの5.8%しかいませんでした。

参考:「光老化」認知度調査 第4回(2017年4月)結果報告

光老化について知った上で対策をするのと知らずに対策するのでは、長期的に見て肌環境に大きく差がつくことが考えられます。ぜひここで光老化について学んで正しく対策してくださいね。

光老化とは紫外線による肌の老化

「シワやたるみは加齢による自然な老化現象」と思っていませんか?実は、加齢は肌を老化させる原因の2割ほどでしかありません。では残りの8割はなにが原因なのか。

その原因が「光老化」によるものなんです。

まずは写真を見てください。

光老化とは紫外線による肌の老化界面活性剤

出典:CBS NEWS

一目見て顔の左右が大きく違うことがわかります。もちろん加工はしていません。

この男性は69歳で、28年間トラックの運転手をしていました。長時間の運転で太陽光をたくさん浴びたことで(左ハンドルなので左側から多く太陽光を浴びます)、顔の右側に比べ左側がしわやたるみで著しく老化していますね。この太陽光による肌老化を光老化といいます。

太陽光には、UV-A、UV-B、UV-Cと3種類の紫外線があります。このうちUV-Cはオゾン層にさえぎられ地表には届かず、UV-AとUV-Bが肌を老化させる原因となります。

それぞれの特徴として、紫外線の約9割を占めるUV-Aは波長が長く、窓ガラスなどの障害物をすり抜けて肌の奥深くまで入り込む性質があります。それによって肌のハリを担う真皮のコラーゲンやエラスチンを破壊して、しわやたるみを生じさせます。

また、波長が短いUV-Bは窓ガラスなどの障害があると力を失いますが、肌へのダメージはUV-Aの数百倍とも言われています。UV-Bが肌に到達すると、表皮の基底層にあるメラノサイトが刺激されて、メラニンを作り出します。これがシミ・くすみの原因となるんです。

光老化を防ぐためにすべきこと

光老化を防ぐためにすべきこと

では、こういった紫外線による光老化を防ぐためにはなにができるのでしょうか?

まず一番効果があるのは、日焼け止めを塗ること。
日焼け止めには「SPF・PA」という表示がありますが、これはそれぞれUV-B・UV-Aを防ぐ性能を表しています。

数値が高くなるほど性能も高くなりますが、一般的には肌への負担も大きくなることが多いようです。目的や紫外線を浴びる時間によって使い分けるようにしましょう。

⇒参考:「SPF」「PA」を知らずに日焼け止めを選んじゃダメ!

また、紫外線は夏の快晴の時だけ対策をすれば良い、というものではありません。夏よりは減るものの冬にも無視できない紫外線が降り注ぎます。くもりや雨の天気でも同様です。

日焼け止めを塗るだけでなく、

  • 日傘やつば広の帽子、サングラスを使用する
  • 窓ガラスにUVカットシートを貼る、遮光カーテンを使う
  • 長袖などで肌の露出を最小限に抑える
  • 抗酸化作用(※)のあるビタミンCやE、リコピンなどを摂取する

※紫外線によって発生した「活性酸素」を除去してくれます。活性酸素は健康な肌を脅かす物質なので抗酸化作用のある栄養は積極的に摂りましょう

など日常で気をつけられることはたくさんあります。
紫外線(特にUV-A)は、室内にいれば安全、というものでもありません。常に紫外線を浴びている、という意識を持って対策をすることが重要です。