敏感肌でも安心して使える日焼け止めの選び方

2020年夏におすすめの日焼け止めクリーム特集!

キャメロン&ガブリエル ヘヴンヴェールキャメロン&ガブリエル ヘヴンヴェール
エトヴォス ミネラルUVセラムエトヴォス ミネラルUVセラム
アクセーヌ マイルドサンシールドアクセーヌ マイルドサンシールド
POLA ホワイティシモ UVブロック ミルキーフルイドPOLA ホワイティシモ UVブロック ミルキーフルイド
ラロッシュポゼ UVイデア XLラロッシュポゼ UVイデア XL
口コミ満足度
◎
◯
◯
◯
◯
日焼け止め力
◎SPF45
PA++++
◯SPF35
PA+++
△SPF28
PA++
◯SPF30
PA+++
◎SPF50
PA++++
価格(税込)/内容量
(10gあたりの価格)
◎3,520円/30g
(1173円/10g)
◎3,520円/30g
(1173円/10g)
◯3,300円/22g
(1500円/10g)
△3,850円/50g
(2310円/10g)
◯3,740円/30mL
(1247円/10g)
ウォータープルーフ
◎あり
◎あり
◎あり
△なし
◯あり※ウォーターレジスタント
落としやすさ
◎洗顔料可
◎石鹸で落とせる
△専用のメイク落としが必要
◯通常の洗顔料で落とせる
◎石鹸で落とせる
つけ心地
◎
◯
◎
◯
◯
白浮きしにくさ
◎
△
◯
◯
◯
肌への優しさ
※無添加成分
◎紫外線吸収剤・散乱剤、界面活性剤、ナノ粒子散乱剤、シリコン、合成着色料、タルク、エタノール、パラベン、鉱物油、合成香料 不使用
◎紫外線吸収剤、石油系合成界面活性剤、ナノ粒子、シリコン、合成着色料、タルク、鉱物油、香料 不使用
◯紫外線吸収剤、香料、アルコール 不使用
◯紫外線吸収剤不使用※下記成分使用
合成界面活性剤、エタノール、パラベン
△香料、パラベン不使用※下記成分使用
紫外線吸収剤、エタノール

敏感肌でも安心して使える日焼け止めの選び方

敏感肌はあらゆるものが肌環境を荒らす原因となります。特に肌に直接塗るものでスキンケアの次に肌に近い日焼け止めは、選び方によっては大きな肌負担の原因にもなります。ここでは敏感肌でも安心して使える日焼け止めの選び方についてまとめています。

敏感肌は「肌への負担を抑える」ことを最優先

敏感肌は「肌への負担を抑える」ことを最優先

日焼け止めで肌の負担になる原因はいくつか考えられます。

  • 紫外線吸収剤
  • SPF・PAが不必要に高い
  • 添加物

以上の原因を防ぐことが肌への負担を抑える日焼け止めの条件とも言えるでしょう。それぞれについてどうすべきかを説明します。

紫外線吸収剤を使わない

紫外線吸収剤は、紫外線を吸収して化学的に熱に変換し放出ます。そのため肌に紫外線が届かず安全、というものですが、化学的に熱に変換する際に肌細胞を酸化させてしまい、それが肌のバリア機能を壊したり肌環境を乱してしまうのです。

敏感肌の方だけが肌荒れを起こすわけではなく、健康的な肌の方も使い続けることで敏感肌になってしまう可能性があるので、注意して選ぶようにしましょう。
※なかには吸収剤をコーティングすることで肌に直接触れなくして、化学変化による熱変換時に肌への負担がかからない、というものもあります。パッケージだけで見極めるのは難しいので、ちゃんとその根拠を理解した上で選ぶようにしてくださいね。

こちらのページで紫外線散乱剤との違いも説明しているので参考にしてみてください。

SPF・PAは場面によって使い分ける

SPF・PAについてはこちらで説明していますが、紫外線を防ぐ力であるSPF・PAが高くなるほど肌にとって負担になる傾向があります。そのため、紫外線を浴びる場面ごとに使い分けることが望ましいでしょう。

たとえば、SPF50+やPA++++などは、炎天下でのレジャーやマリンスポーツを想定されています。そのような高SPF・PAのものを日常生活に使うのは肌に負担をかけるもと。日常生活程度ならSPF15・PA+程度でも十分に紫外線をブロックできます。

しかしこれは規定量使った場合の話。表示のSPF・PAは500円玉ぐらいの量を使った時にのみ発揮されます。量が少ないと、例えば規定量よりも1/3ほど少ない場合は効果は半分まで落ちる、とされています。

敏感肌の方は規定量を守るか、量を減らしてSPF・PAを上げるかして場面に応じた日焼け止めを選ぶようにしましょう。

添加物は最小限に

例えばシリコンやエタノールは使用感を高める働きがあります。合成香料は低コストに豊かな香りを楽しめます。しかし、そういった添加物は敏感肌にとっては肌環境を荒らす大きな要因になります。

安い日焼け止めはどうしてもコストを抑えるために添加物が使用されがち。しかしそれでは数年後にスキンケアに悩んで余計な出費をかけたくなってしまいます。

たとえちょっと高くなっても、添加物を使用しないでも使用感の高いものを選ぶ方が長期的に見て費用を抑えられることもあります。添加物はできるだけ避けるようにしましょう。

以下で添加物についてまとめているので参考にしてください。

その「添加物」が肌環境を悪化させるかも!?避けるべき添加物まとめ

肌環境を整える成分が含まれているかをチェック

肌環境を整える成分が含まれているかをチェック

「肌への負担が少ない」ことは最優先ですが、敏感肌を改善するためにも肌環境を整える成分が含まれているものも選びたいものです。

たとえば、紫外線を浴びると体内で活性酸素が発生し、それが細胞を酸化させてシミ・しわなど老化を引き起こします。これに抗うには抗酸化作用のあるビタミンCやEなどが望ましいでしょう。

それぞれ、成分一覧に書かれているわけではなく、

  • ビタミンC:○○アスコルビル、アスコルビン酸○○
  • ビタミンE:トコフェロール

などとして表記されているので、積極的に選んでいきたいものです。

また、天然オイルには保湿をサポートしたり肌を整える働きがあるもの、外部からの刺激から肌を保護する働きのあるものも多くあります。使用感も左右する成分なので、ぜひ天然オイルが配合されているかも確認してくださいね。